2009年を締めくくったアイマスの祭典!「THE IDOLM@STER 2009 H@ppy Christm@s P@rty!!」ライブレポート

バンダイナムコゲームスの人気ゲームシリーズ『THE IDOLM@STER』。ゲームの枠を飛び越えて様々なメディア展開をしている人気タイトルだ。2009年春には「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!!」と題し、「アイドルマスター」のイベントとしては初となる4都市でのライブツアーを実施。チケットの当選率は何十倍とも言われており、改めて人気の高さを示した。そして2009年12月23日、東京の新木場STUDIO COASTにて、「THE IDOLM@STER 2009 H@ppy Christm@s P@rty!!」が開催された。キャストには天海春香役の中村繪里子、星井美希役の長谷川明子、如月千早役の今井麻美、菊地真役の平田宏美、双海亜美・真美役の下田麻美、四条貴音役の原由実、我那覇響役の沼倉愛美の7人に加え、サプライズゲストとして秋月律子役の若林直美が登場。総勢8名でクリスマスを盛り上げた。3時間以上にわたるライブの模様をここにお届けしよう。

集まった“プロデューサーさん”たちの期待で膨らんだ新木場STUDIO COASTは、スクリーンに映し出されたサンタ帽子を被った高木社長からの「今日はなんと言っても年に一回のクリスマスパーティーだ。プロデューサー諸君、それでは良い時間を!」とのコメントが届けられ、「アイドルマスター」のアイドルたちとのパーティーの幕は開けた。

「メリー」のイントロが鳴り響き、赤と白のサンタコスをした中村、長谷川、今井、平田、下田、原、沼倉の7人が舞台に飛び出してきた。大歓声の中、元気いっぱいに歌い上げ、「プロデューサーのみなさーん!」と言った後、みんなで合わせて「メリー・クリスマス!」というかけ声を客席に向けて贈った。

それから一人ずつ自己紹介と挨拶をし、クリスマスをお題にみんなでトーク。

中村は「クリスマスと言えば贈り物。贈り物で嬉しいのは愛です」、今井は「クリスマスは毎年ラジオの収録をしていました」、原は「海賊が食べるような骨付き肉をクリスマスには食べたい。プレゼントではそれが欲しいです」、長谷川は「小学生の時にお楽しみ会とかあったのが思い出深いです」、下田は「クリスマスには特にこれといって思い出はないけど、今日がその日になればいいなー。みんな思い出くれるんでしょう? じゃあ、いただきましょう」、沼倉は「クリスマスイヴはいとこの誕生日で、それがすごく嬉しくって、思い出に残っています」、平田は「ここ最近だと焼肉とか行ったことが思い出ですね」とそれぞれの思い出を語った。

「今日、この会場で皆さんにお渡しできるクリスマスプレゼントたっくさん用意しました!それは歌です!」と中村が言い放ち、最初に繰り出されたのは「Large Size Party」。今井、平田、原の3人が舞台上をくるくると回りながら可愛らしく歌った。「スキ」では中村と下田が仲良く二人で手を合わせながら歌い、客席も天海春香と双海亜美・真美のそれぞれのイメージカラーの赤と黄色のサイリウムで埋まった。続いてムーディーなイントロから始まった「KisS」を沼倉が華麗に披露した。ファンは我那覇響のイメージカラーに近い淡いブルーのサイリウムを振る。長谷川と平田は「神さまのBirthday」を元気良く歌う。さすがに菊地真のカラーの黒のサイリウムはないので星井美希のグリーン一色に。

今井はタンバリンを持ってステージに登場。如月千早のイメージカラーのブルー色に会場は染まる。「GO MY WAY!! REM@STER-B」を歌いながら「プロデューサーも一緒に歌ってくださいねー!」と言ってラストのフレーズは会場全員で合唱し、一体となって楽しさを共有した。静かに雪が振る演出の中「Melted Snow」を歌い上げたのは原。四条貴音のイメージカラーはえんじ色だが、それに近い赤いサイリウムを一人一人が静かに振り、とても暖かな空気に包まれた。「あったかな雪」では長谷川、下田、沼倉の三人が座って左右にリズムを取りながら身体を動かして伸びやかに歌う。前半のラストを務めたのは中村で、「サンタが町にやってくる」を歌って締めくくった。

ここで7人のメンバーが全員集まり、ニコニコアイマスch“たるき亭”にて配信中の『THE IDOLM@STER STATION!!!』の公開録音が始まる。公録の前に今井が「ここで皆さんにご協力をお願いします。公開でアイキャッチを録りたいと思います」と言い、沼倉が「せーの!」と掛け声をかけると客席から「アイマスステーショーン!」と大歓声が沸き起こった。公録では沼倉と原のルーキーズ卒業を賭けて、それぞれチームを組んでのゲーム対決で盛り上がった。

公録後にメンバーは一旦ステージからはけて、高槻やよい役の仁後真耶子と秋月律子役の若林直美からビデオレターが映し出された。スクリーン上からクリスマスのお祝いとファンへのメッセージを語り、「私たちからクリスマスプレゼントがあります、どうぞ!」と二人が言うと、スクリーン上で語っていた若林がトナカイをモチーフにした衣装を着てステージに実際に登場。客席は秋月律子のイメージカラーのグリーン色のサイリウムで埋め尽くされた。そのまま若林は「いっぱいいっぱい」を熱唱。サビで観客からの「いっぱいいっぱい」コールを若林は「聴こえなーい!もっと!」と煽り、さらに大きくなったコールに「オーケー!最高!」と満足げな表情をした。

ステージに再び戻ってきた7人はサンタコスから別の衣装にチェンジし、一人だけトナカイコスで浮いている若林に突っ込みを入れたりと楽しげにトーク。サプライズゲストの若林も加わり、8人で後半戦がスタート。ここからは一人一人がそれぞれのキャラクターの持ち歌を披露することとなった。

平田はラフな衣装で「自転車」を穏やかな歌声で聴かせる。フリフリのスカート姿で登場した下田は「黎明スターライン」でファンと一緒に左右に手を振り、会場をハッピーな空気で満たした。つんざくようなビートが響き渡り、サイケな雰囲気で「Next Life」を熱唱したのは沼倉。スパンコールの入った衣装はとても曲とマッチしていた。若林も服を着替えて「livE」を披露。衣装にもワンポイントとしてイメージカラーのグリーンが入っていた。同じく長谷川もグリーンのイメージカラーの入ったパンツ姿でポップでキュートな「ショッキングな彼」を歌いファンを魅了。

バリバリのアイドルポップ「フラワガール」で可愛らしい歌声とダンスを見せてくれたのは原。ファンの声援もぴったりと決まった。今井は青を基調とした民族衣装風のコスチュームで激しく荘厳な「arcadia」を熱唱。サビの導入部分の「飛べ!」ではファンが文字通り跳ねて会場が一体感に包まれる。その流れのまま中村の「乙女よ大志を抱け!!」になだれ込み、会場を熱気と溢れんばかりのパワーに包んだ。ラストはみんなサンタコスに戻り、「メリー」を再び全員で歌って本編終了となった。

アンコールの声に応え、再び登場した8人全員で「キミはメロディ」のフルバージョンをライブ初披露。会場はウルトラオレンジのサイリウムによるまばゆい光に包まれ、祝祭的な雰囲気が漂った。最後に今日のライブを盛り上げてくれたファンへメンバーから一言ずつ感謝のメッセージが伝えられる。

「今日はこんなにたくさんの人に集まっていただいて、たくさん声援を送っていただいて本当に楽しくて幸せでした。ありがとうございました」(長谷川)

「クリスマスって割と好きなイベントごとではあったんですけど、今日は人生で一番最高なクリスマスになりました!」(原)

「私、今まであんまりクリスマスって意識したことなくて……。だって私、仏教徒だからさぁ(笑)。でも本当に今日一日が楽しかったです。今日はみんなから本当に素敵なプレゼントをいただきました。ありがとうございます」(今井)

「覚えてますか? 一番最初に心に残っているクリスマスプレゼントはなんですかってところ。こうやって形に見える、目に見える愛っていいねー。私も皆さんのこと大好きでーす! これからももっともっと頑張っていこうと思います」(中村)

「23日、イヴイヴの日に時間を割いていただいて、ここに集まっていただいたということ自体が私は奇跡だと思っています。皆さんとお会いできて本当に嬉しく思っています。本当に来てくださってありがとうございました」(平田)

「なんか今日は私にとって初めてのことがたくさんあって、歌ったことのない曲を歌ってみたりとか、ぶっちゃけ、ありがとうございます! 始まる前は不安でいっぱいだったんですよ。でも今こうして『キミはメロディ』を歌ってみて本当に楽しかったんですよ。2010年も沼倉大丈夫な気がします。ありがとうございました」(沼倉)




「皆さんからプレゼントをくださいみたいなことをオープニングの方で言いましたけど、この新木場STUDIO COASTは我々アイドルマスターのチームにとっては非常に思い出深い会場ですよね。約3年半近く前に、ファーストアニバーサリーライブをこの会場でさせていただいたんですけども、時間を経てこのように多くの人に支えられて同じ会場に立てたことが何よりのプレゼントだと思っています」(下田)

最後に中村が「私たちみーんなそろってアイマスですよー!」と掛け声をかけると、客席から「アイマス!」と大歓声のコールが返り、メンバーは笑顔でステージを後にした。

その後、「アイドルマスター」シリーズの坂上陽三プロデューサーが登場。サンタコスをしながら開発中の「アイドルマスター」シリーズの新作やこれからの抱負について熱弁を振るった。そして「最後にもう一曲プレゼントしたいと思います。」と言って贈られたのは、始まりであり大元のテーマ曲である「THE IDOLM@STER」。若林もトナカイコスで再び登場し、8人がそれぞれ代わる代わる歌い、ラストは銀テープが舞う中、アイドルとプロデューサーたちの祭典は幕を閉じた。

全ての曲が終わると、最初と同様、スクリーンに高木社長が現れ「我がプロデューサーの諸君、今日は楽しいクリスマスを過ごせたかな? パーティーの最後と言えばやはり一本締めで終わるべきだとは思わないか?」と言い、高木社長が音頭を取って一本締めが行われた。最後の最後まで飽きさせない演出がなされ、ファンにとっては最高の一日となったであろう。

ライブ終了後には、2010年3月17日に新作CD『THE IDOLM@STER SPRING MASTER SPECIAL』がリリースされることが発表された。完全初回限定生産で、天海春香、菊地真、萩原雪歩、水瀬伊織、秋月律子、我那覇響が参加するとのこと。2010年も『アイドルマスター』シリーズから目が離せない。


<セットリスト>
01. メリー(中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、平田宏美、下田麻美、原由実、沼倉愛美)
02. Large Size Party(今井麻美、平田宏美、原由実)
03. スキ(中村繪里子、下田麻美)
04. KisS(沼倉愛美)
05. 神さまのBirthday(長谷川明子、平田宏美)
06. GO MY WAY!! REM@STER-B(今井麻美)
07. Melted Snow(原由実)
08. あったかな雪(長谷川明子、下田麻美、沼倉愛美)
09. サンタが町にやってくる(中村繪里子)
10. いっぱいいっぱい(若林直美)
11. 自転車(平田宏美)
12. 黎明スターライン(下田麻美)
13. Next Life(沼倉愛美)
14. livE(若林直美)
15. ショッキングな彼(長谷川明子)
16. フラワーガール(原由実)
17. arcadia(今井麻美)
18. 乙女よ大志を抱け!!(中村繪里子)
19. メリー(中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、平田宏美、下田麻美、原由実、沼倉愛美)
アンコール
20. キミはメロディ(中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、平田宏美、下田麻美、原由実、沼倉愛美)
ダブルアンコール
21. THE IDOLM@STER(中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、平田宏美、下田麻美、原由実、沼倉愛美、若林直美)


『THE IDOLM@STER』公式サイト
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/idolmaster/


   




2010年02月01日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

リリースカレンダーを見る
イベント情報を見る
ぺージのトップへ