第一線で活躍するアニソンシンガーたちがNHKホールに大集結!『MUSIC JAPAN 新世紀アニソンスペシャル第2弾』収録レポート

いまや日本が世界に誇る文化となったアニメ。J-POPシーンでもアニソンは現在最大の注目ジャンルとなっている。そんな流れの中、今年8月にNHK総合で放送された『MUSIC JAPAN 新世紀アニソンスペシャル』は大反響を呼んだ。そしてその第2回目として、2010年1月10日に『MUSIC JAPAN 新世紀アニソンスペシャル第2弾』の放送が決定した。11月12日に公開収録が東京・NHKホールにて行われたので、その模様をレポートしよう。

まずは収録前に会見が行われ、出演する8組のアーティストからコメントをもらうことが出来たのでここに紹介する。


ELISA この番組を通して全国の皆様に曲を聴いていただけるのは幸せなことだなと思います。これからも自分の曲を通して、世界にアニメを広められたらなと思います。

Kalafina(Wakana) 今日初めて『MUSIC JAPAN』さんに出演させていただきます。テレビ出演は初めてなので、私たちの独特の世界観を伝えられたらなと思います。ライブならではの動きなども楽しみにしてもらえたらなと思います。

JAM Project(影山ヒロノブ) 今回初めてこの番組に出演させていただくということで、5人共とても張り切っています。アニソンで世の中を元気にしていきたいというのは自分たちの中での目標なので、今日もいつもと変わらず頑張って歌いたいと思います。

中島愛 今回はテレビで初めて歌う曲だったり初披露の曲があったりしますので、全ての皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。精一杯頑張りたいと思います。

堀江由衣 テレビで歌わせていただくのは初めてなので緊張していますが、楽しんでやれたらなと思っています。

水樹奈々 いつもは『MUSIC JAPAN』のナレーションを担当しております。今日はアニソンスペシャル第2弾ということですが、第1弾の時も本当に楽しくて、テレビでアニソンを歌うというのが初めてのことだったのですごく嬉しく、周りからの反響もすごかったです。これが第3弾、第4弾と続けていけるように今日も盛り上げていけたらと思います。

May’n アニソンスペシャルは今回で2回目の出演をさせていただきます。普段アニメの歌を聴かない人でも、今アニソンってこんなにたくさんのジャンルがあるんだよ、ってことを知って欲しいので精一杯歌いたいと思います。

妖精帝國(ゆい) 我々はいつも奇異な目で見られるが、今回は全国ネットでみんなの目に映るということでとても嬉しく思う。全国のみんなに我々の威光を示していけたらいいなと思う。会場に来ている妖精帝國を知らない者たちも、我々のことを知って是非臣民になって帰っていただきたい。


そして公開収録が始まり、まずはスクリーンに大きく表示された初音ミクが歌うYMOの名曲「君に、胸キュン。」のオープニングアクトからスタートした。「HMOとかの中の人。」による初音ミクの「君に、胸キュン。」はとても可愛らしく、スクリーン上のミクに対して客席は盛り上がり、会場の空気を暖めた。



まず1組目としてステージに登場したのは中島愛。スクリーンに「中島愛」の文字が浮かぶと歓声があがる。そして白いふわりとした衣装に身を包みステージに姿を見せた中島は、TVアニメ『マクロスF』挿入歌の「星間飛行」を歌う。中島のデビューシングルでもあり、作中ではヒロインのひとりであるアイドル歌手ランカ・リーの曲として使用され、アニソンとしても爆発的な人気を博した曲である。会場中がランカ・リーのキメポーズである「キラッ☆」をやって一体となった。2曲目は新曲「ジェリーフィッシュの告白」を披露。しっとりと歌い上げ、客席も静かに聴き入っていた。

続いてステージに登場したのはELISA。黒のドレス姿でTVアニメ『ef - a tale of memories.』のOPテーマ「euphoric field」を熱唱。「今日はMUSIC JAPANに出演出来て嬉しく思っています」と語ると、TVアニメ『とある科学の超電磁砲』EDテーマである「Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-」を圧倒的な声量で歌い上げた。



次にステージに姿を見せたのはMay’n。『劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ 』に登場する、ヒロインでトップシンガーのシェリル・ノームの幻のデビューシングルという設定の「pink monsoon」を、ダンサー4人と共に大人っぽく妖艶に歌う。とてもダンサブルなナンバーで、客席も曲に合わせてリズムを刻む。「みんな盛り上がってますかー!」のかけ声に集まったファンからは声援が上がる。次にTVアニメ『マクロスF』の挿入歌「インフィニティ」を歌った。

一旦、May’nがステージからはけた後、ステージの下から中島とMay’nが再び登場し、TVアニメ『マクロスF』の「ライオン」を二人で熱唱。二人でのコラボレーションはテレビでは初めての試み。この演出に、会場のボルテージは一気にヒートアップ。地響きのような歓声が沸き起こり、ファンの持つサイリウムは曲に合わせて激しく振りかざされた。


前半戦のクライマックスは水樹奈々。「アニソンスペシャル第1弾が放送された後には地元で話題になったり、母親から連絡が来たりとすごかったです」と話す水樹。そして「普段生活していて辛いこととかあると思うんですけど、みんなが笑顔になれる歌を歌えたらいいなと思います」と歌手でいることの思いをファンに伝えた。水樹は生バンドを従えて「BRAVE PHOENIX」、「SUPER GENERATION」と2曲立て続けに歌唱。そして2010年1月23日に公開となる劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』のテーマソング「PHANTOM MINDS」を初披露。前半戦のクライマックスにふさわしい盛り上がりを見せた。

後半戦トップバッターはKalafina。Kalafinaは劇場版アニメ『空の境界』7部作の主題歌のために2007年に結成された梶浦由記プロデュースのユニット。まず最初に歌った「ARIA」は、劇場版『空の境界 第4章「伽藍の洞」』主題歌。独特の旋律とKalafinaの3人の歌声の綺麗なハーモニーが幻想的な雰囲気を生みだしていた。歌い終わった後、テレビで曲を歌うのは初となるKalafinaのメンバーのWakana、Keiko、Hikaruの3人が初々しく挨拶をし、新曲の「光の旋律」を歌い上げた。

妖精帝國は真っ赤なステージにかがり火、黒衣の衣装と独自の世界観を持って登場。「ゆい様!」と客席から声援が飛ぶ。妖精帝國のゆいは「ようこそ妖精帝國へ。我々が『MUSIC JAPAN』に出演すると聞いて驚いた者もいるだろう…。しかし、我々が一番驚いたのだ!」というその妖しげな雰囲気とはどこかギャップのある発言に、客席は爆笑に包まれた。そして「これから歌う曲はそなたらも一緒に歌うところがある。今から練習をする」と言ってスクリーンに映し出された歌詞をゆいがまずは歌い、それから客席とコール&レスポンスを練習。観客が上手く歌ってくれたことでゆいは満足げな表情を浮かべ、「Patriot Anthem」を会場全体で歌った。続く「霊喰い」はTVアニメ『喰霊-零-』の挿入歌で、こちらも大いに盛り上がった。

スクリーンに「堀江由衣」の名前が映ると盛大な歓声に会場が包まれる。しかも堀江がテレビの歌番組で歌うのは今日が初めてということで観客の期待ははちきれんばかりに膨らんだ。まずはダンサー4人と共にシルバーのボンボンを持ってステージに現れ、キュートなロックチューン「YAHHO!!」を披露。「テレビで歌わせていただくというのがまったく初めてですごく緊張したんですけど、みなさんが盛り上げてくれたおかげで上手くいきました!」とファンに感謝の気持ちを伝える。もう一つ披露した曲は、これもまたとても可愛らしい曲で、TVアニメ『とらドラ!』のEDテーマにもなった「バニラソルト」。堀江を中心にダンサーがクルクルと回り、ショーのような楽しいステージが繰り広げられた。

トリを飾ったのはJAM Project。影山は海外ツアーについて触れ、「どこの国に行っても観客は日本語がわからないのに、ライブは日本と同じような盛り上がりを見せる。アニソンに国境はない! アニソンで俺らは元気になるし、アニソンでみんなは繋がっていると思います!」と観客にメッセージを送り、会場を湧かせた。影山の「盛り上がっていくぞー!」のかけ声と共に「レスキューファイアー」がスタート。それからJAM Projectのライブではいつも最後に歌われるという「HERO」を歌い、観客も手を左右に振りピースな雰囲気に満たされた。そしてラストはとっておきのキラーチューン「SKILL」。会場の熱気は一気にヒートアップ。ステージと観客が一緒になって「Motto!Motto!」と叫んだ。

こうして現在を代表するアニソンアーティストの祭典は幕を下ろした。この日の模様は2010年1月10日23:30からNHK総合テレビで放送予定だ。


<セットリスト>
01. 星間飛行(中島愛)
02. ジェリーフィッシュの告白(中島愛)
03. euphoric field(ELISA)
04. Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-(ELISA)
05. pink monsoon(May’n)
06. インフィニティ(May’n)
07. ライオン(May’n、中島愛)
08. BRAVE PHOENIX(水樹奈々)
09. SUPER GENERATION(水樹奈々)
10. PHANTOM MINDS(水樹奈々)
11. ARIA(Kalafina)
12. 光の旋律(Kalafina)
13. Patriot Anthem(妖精帝國)
14. 霊喰い(妖精帝國)
15. YAHHO!!(堀江由衣)
16. バニラソルト(堀江由衣)
17. レスキューファイアー(JAM Project)
18. HERO(JAM Project)
19. SKILL(JAM Project)


『MUSIC JAPAN』公式サイト:
http://www.nhk.or.jp/mj/


   




2009年11月13日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

あたらしいうた(初回生産限定盤) / 花澤香菜


2016/06/01発売

リリースカレンダーを見る

2016/05/27 19:00~
分島花音 LIVE TOUR 2016『Unbalance by Me』

2016/05/28 14:00~
内田彩 コンセプトライブ

2016/05/28 15:00~
楠田亜衣奈 1stライブツアー

2016/05/28 18:00~
鈴木このみ LIVE in Kanazawa 19歳ヒトリタビ!

2016/05/28 18:30~
内田彩 コンセプトライブ

2016/05/28 19:00~
楠田亜衣奈 1stライブツアー

2016/05/29 15:00~
LAWSON presents 豊崎愛生 3rdコンサートツアー2016 The key to Lovin’ ~銀河を散歩中~

2016/05/29 17:00~
May’n Hall Tour 2016「SPRING OUT!!」

2016/05/29 17:00~
分島花音 LIVE TOUR 2016『Unbalance by Me』

2016/05/29 17:00~
やなぎなぎ ライブツアー2016「Follow Your Tracks」

2016/05/29 18:00~
鈴木このみ LIVE in Fukuoka 19歳ヒトリタビ!

2016/05/29 19:00~
LAWSON presents 豊崎愛生 3rdコンサートツアー2016 The key to Lovin’ ~銀河を散歩中~

イベント情報を見る
ぺージのトップへ