新たに3人のアイドルが登場!『THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! IN TOKYO』レポート

「アイドルマスター」シリーズの4周年を記念した、全国4大都市を回るライヴツアー『THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!!』が、2009年5月30日(土)に東京・JCBホールで千秋楽を迎えた。ツアーの途中、大阪公演では新型インフルエンザの影響で7月23日に延期となるトラブルがあったが、東京公演には約3,000人ものプロデューサーたちが集結し、滞りなく開催された。今回はライヴの模様を一部ニコニコ動画で生中継するという新たな試みもあり、今秋ニンテンドーDSに登場予定のシリーズ最新作『アイドルマスター ディアリースターズ』の新アイドルを担当する声優が登場するというサプライズも。
(文/坂本寛)


まずはゲーム中のダンス審査員・軽口哲也氏(CV:細井治)によるMCでスタート。途中ケータイの電源を切るように促す際に「ののワさん」に言及し、スクリーンにもあの特徴的なシルエットが映し出され、一部ニコニコしたプロデューサーが大いに沸いたことをここに記しておく。

ライヴは、まず各担当アイドルのイメージカラーを配したフリフリ衣装で登場した出演者全員による「THE IDOLM@STER(GAME VERSION)」でスタート。各メンバーの自己紹介を済ませると、中村繪里子(天海春香役)と長谷川明子(星井美希役)は次の曲の準備のために一旦退場。残ったメンバーは平田宏美(菊地真役)の仕切りで、「アイドルマスターSP」から新たに加わった原由実(四条貴音役)と沼倉愛美(我那覇響役)のあだ名を付けることに。原には「はらたいらに3,000点」(若林)、「食欲魔人」(今井)、「はらちゃんです!」(たかはし)といった案が。そして沼倉には「盛りアンヌ」(若林)、「ぬりゃぬりゃ」(滝田)、「クラさん」(たかはし)、「リントン」(今井)といった、一部時代がかったネタを含んだ提案もあったが、結局従来の「はらみー」と「ぬーぬー」に落ち着いた。

この後のライヴは「テレビ出演拡大版」として、アイドルが2人ずつセットとなり、基本的にCD『MASTER ARTIST』シリーズとCD『MASTER SPECIAL』シリーズの持ち歌をソロで2曲ずつ、そしてコンビでも1曲の計5曲ずつ歌うという構成で進行していった。

まずは中村&長谷川パート。中村が「乙女よ大志を抱け!!」と「I Want」を2曲続けて。真っ赤なサイリウムの洪水の中、歌の世界に入り込んだパフォーマンスと「ヴァい!!」のシャウトで会場は一気にヒートアップ。長谷川は新曲「ショッキングな彼」と「ふるふるフューチャー☆」を披露。新曲は星井美希の口癖である語尾の「なの」を歌詞に織り込んだ可愛らしいパラパラ調トランスナンバーだ。間にMCをはさみ、中村&長谷川のコンビは「shiny smile」でさわやかに〆。

次に平田&沼倉パートでは2人が交互に登場。平田の「迷走Mind」は安定感抜群の歌唱。7月1日に発売予定の『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 05』からの新曲「自転車」の1フレーズ「君が好きだー!」も合わせて、真クンの格好良さと、垣間見える可愛らしさの魅力を存分に味あわせてくれた。一方、沼倉はダーク系トランス「Next Life」とリゾート系アイドル歌謡「太陽のジェラシー」という、かなりふれ幅のある選曲をしっかりと歌い分けていた。最後の「relations」は、真と響という「アイドルマスターSP」屈指のかみ合ったライバル関係だった2人による夢のデュエットが実現した形だ。

続いては、若林直美(秋月律子役)&たかはし智秋(三浦あずさ役)が交互に。おなじみ「いっぱいいっぱい」では、若林に煽られ熱の入ったコールを返していた会場だが、たかはしの「隣に…」では、いつもながらの聴かせる歌にシーンと静まりかえり、間奏で自然と拍手が沸くという好対照な光景が。また、たかはしの新曲「Mythmaker」は、これまでの三浦あずさのイメージを一変させるセクシーなR&Bトラックで、こみあげ系デジロックな「livE」の若林も、ともに黒を基調とした衣装での登場だったが、このパートのラストとなる「シャララ」では、たかはし提案というおそろいのパジャマ姿で再登場。コケティッシュな魅力あふれるアイドル2人と、お花畑でのパジャマパーティといった趣であった。

そして仁後真耶子(高槻やよい役)&滝田樹里(音無小鳥役)というアイドル&事務員コンビが登場。2人で「Here we go!!」を歌った後のMCでも語られたが、滝田はこれまでライヴでは小鳥単独の持ち歌のみの参加ということがほとんどで、今回のように他のアイドルと同じ扱いで参加するというのは初めて。もちろん「空」や「花」といった持ち歌も披露し、メインのアイドルではないながら根強い人気を誇っている小鳥ファンたちを喜ばせていた。仁後は、鉄板のキラーチューン「キラメキラリ」とカジヒデキ(がプロデュースしていた頃のショコラ)やCymbalsあたりを思わせる渋谷系ロック「ゲンキトリッパー」の2曲で、可愛く元気に会場を盛り上げていた。

「テレビ出演拡大版」も終盤にさしかかったことを思わせるナレーションの後、最後のステージとなる今井麻美(如月千早役)と原の2人が登場。今井による「目が逢う瞬間」の凛々しい歌声からスタート。岡村靖幸が今の機材で川本真琴をプロデュースしたら…という雰囲気も感じさせる原の「フラワーガール」。そして「My Best Friend」と「arcadia」を交互に披露した後、ステージは暗転。別れと新しい門出への不安を感じさせるナレーションが流れ、今井&原による気高いまでの美しさをたたえた「蒼い鳥」で、ライヴのメインステージは終了となった。

再度ステージが暗転。アイドルたちの声に導かれる形で、スクリーンには『アイドルマスター ディアリースターズ』のプロモーションビデオが流れ、会場のボルテージは最高潮に。そしてステージには再度メンバー全員が登壇し、「アイマス」シリーズ・プロデューサーの坂上陽三氏を呼び込む。坂上氏は会場から(なぜか)一斉にわき起こった「変態!」コールにキレ芸で対応しながら、「究極のプロデュース。みなさんにアイドルになっていただきます」と新しいゲームシステムを説明。さらなる続編のプロジェクトも進行中との話も公開された。

これに続いて、戸松遥(日高愛役)と花澤香奈(水谷絵理役)もステージに登場。プロモーションビデオで流れていた新曲「“HELLO!!”」(作詞:yura 作曲:神前暁)のゲームバージョンの生初披露&挨拶となった。なお、三瓶由布子(秋月涼役)は残念ながらスケジュールの都合で参加できなかったということで、スクリーンに三瓶からのビデオレターが上映された。




左から水谷絵理(CV:花澤香菜)、日高愛(CV:戸松遥)、秋月涼(CV:三瓶由布子)。『アイドルマスター ディアリースターズ』は、プレイヤーが876プロ所属のアイドル3人の中から1人を選び、アイドル自身の視点でトップアイドルになるまでのストーリーを楽しむ「トップアイドルアドベンチャー」となる。




事務所の社長やプロデューサー、マネージャーだけでなく、765プロ所属アイドル達も登場。ニンテンドーDSの2画面を最大限活用し、上の画面には従来通りのプレイヤー視点、下の画面にバストアップでプレイヤーキャラであるアイドルが表示されるシステムになるようだ。













3時間にわたるステージのラストとして、アイドル全員で「THE IDOLM@STER」を大合唱。会場のJCBホールとニコニコ動画の生放送に日本中のプロデューサーが集結した記念すべき「アイドルマスター」シリーズ4周年のライブは、大団円で幕を閉じた。


<セットリスト>
01. THE IDOLM@STER(GAME VERSION)/中村・今井・仁後・長谷川・原・沼倉・平田・若林・たかはし・滝田
02. 乙女よ大志を抱け!!/中村繪里子
03. I Want/中村繪里子
04. ショッキングな彼(新曲)/長谷川明子
05. ふるふるフューチャー☆/長谷川明子
06. shiny smile/中村繪里子&長谷川明子
07. 迷走Mind/平田宏美
08. Next Life/沼倉愛美
09. 自転車(新曲)/平田宏美
10. 太陽のジェラシー/沼倉愛美
11. relations/平田宏美&沼倉愛美
12. いっぱいいっぱい/若林直美
13. Mythmaker(新曲)/たかはし智秋
14. livE/若林直美
15. 隣に…/たかはし智秋
16. シャララ/若林直美&たかはし智秋
17. Here we go!!/仁後真耶子&滝田樹里
18. キラメキラリ/仁後真耶子
19. 空/滝田樹里
20. ゲンキトリッパー/仁後真耶子
21. 花/滝田樹里
22. 目が逢う瞬間/今井麻美
23. フラワーガール/原由実
24. My Best Friend/原由実
25. arcadia/今井麻美
26. 蒼い鳥/今井麻美&原由実
27. “HELLO!!”(GAME VERSION)/(ニンテンドーDS『アイドルマスター ディアリースターズ』新曲)
28. THE IDOLM@STER/全員


THE IDOLM@STER公式サイト:
http://www.idolmaster.jp/


©窪岡俊之 ©2002-2009 NBGI  PROJECT IM@S


   




2009年06月18日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

リリースカレンダーを見る
イベント情報を見る
ぺージのトップへ