全23曲のエンターテイメント空間!「MOSAIC.WAV 1st Tour 2009 Superluminal Ж MOSAIC.LIVE」東京公演レポート

MOSAIC.WAV初の東名阪ライヴツアー「MOSAIC.WAV 1st Tour 2009 Superluminal Ж MOSAIC.LIVE」の東京公演が、2009年5月30日に赤坂BLITZにて行われた。その極上のエンターテイメント空間を濃縮レポート!(文/鈴木亮一)


各種イベントには出演していたものの、ワンマンライヴとしては昨年5月31日の川崎クラブチッタでの「Amusement Package!!」以来となる今回の公演。今年4月15日に発売された最新アルバム『Superluminal Ж AKIBA-POP』もバッチリ聴きこんできたであろう大勢のファンで、赤坂BLITZは2階席までぎっしり。

***

定刻になり、まずはMOSAIC.WAVのワンマンライヴではもはや恒例となっている幕間劇からスタート。大ネタ小ネタを散りばめたその内容で観客の爆笑を誘いつつ、バンドメンバーである岩田ガンタ康彦(dr)、クマキヒロノブ(b)、大串友紀(マニピュレーター)、小池雅也(g)、そして柏森進(key)、み~こ(vo)がステージに登場。1曲目は「Magical Hacker☆くるくるリスク」。

レコーディング音源では打ち込み中心のサウンドだが、ライヴではバンド編成によりパワフルで肉感的なグルーヴに変貌するのが生MOSAIC.WAVの魅力。2曲目はニューアルバム『Superluminal Ж AKIBA-POP』より「愛の個人授業」、そして「Love Cheek?」「Love Cheat!」という立て続けの選曲に、場内ではこの日1発目のUO(ウルトラオレンジ)発動!

最初のMCを挟み、「みんなにライヴで手拍子して欲しいと思って作ったけど、これまでなかなかやる機会のなかった曲」とのことで、2ndアルバム『SPACE AKIBA-POP』より「かおりのおくりもの」を披露。続いて「こいはぐ」「片道きゃっちぼーる」と、幾分メロウな曲が続く。

モンハンネタが織り交ぜられた幕間劇2を経て、ニューアルバムより「空から女の子が降ってくる街」。続いて始まったのは「百合星式おゆうぎうた」、そのままの流れで「百合星人ナオコサン」へと続く。




「ビット数の少ない分身を作って代わりに演奏してもらおう」という説明のあった幕間劇3に続いて登場したのは、ニンテンドーDS、同DS Lite、ゲームボーイミクロといった携帯ゲーム機を携えたメンバー6人。ゲーム機には『リズム天国』等の各種音ゲーソフトを装着、音が出せる状態にしてあり、これを使っての生セッションが開始された(ちなみに小池兄貴はiPod touchに撫でるとギターの音が出るアプリケーションを仕込んでの登場、み~こはmicroKORGを携えてボコーダー歌唱が可能な状態)。スペシャルユニット「MOSAIC.bros」が演奏したのは「電気の恋人」「キミは何テラバイト?」という、この8ビットセッションにピッタリの選曲。素朴なピコピコ音+み~このボコーダー歌唱という電気仕掛けのアコースティック・サウンドが、なんとも未曾有の感傷を観客に抱かせる。

アイデア満載の中盤部はまだ終わらない。続いては初音ミクのコスプレをした怪しげな男性がゲストとして登場。この人物こそ、初音ミク曲「みくみくにしてあげる」の作曲者で、MOSAIC.WAVにも「Nursery Time」「ねるがよい」といった楽曲を提供しているikaこと鶴田加茂氏だ。そして披露される曲はもちろん「みくみくにしてあげる」! 鶴田氏の機材から流れるミクの歌声&み~この歌声の奇跡のコラボがここに実現した。

続いて間髪入れずに鶴田氏作曲の「LOCAL JESUS」。賛美歌を思わせる主旋律が美しい一曲だが、ここでさらにゲストとしてヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロによる3種4挺の「MOSAIC.quartet」が登場。生ストリングスの音色が加わった荘厳かつ華麗な演奏が披露された。

そして演奏後には驚きの発表が。なんと今秋に「MOSAIC.WAV&鶴田加茂 featuring 初音ミク(仮)」名義でのコラボレーションアルバムが発売されるという。内容はMOSAIC.WAVの曲を初音ミクでカバー、「みくみくにしてあげる」のフルバージョン、新曲も収録とのこと。続報に期待したい。

いよいよライヴも終盤に突入。定番のコール&レスポンスが熱い「洗脳・搾取・虎の巻」、さらに「ギリギリ科学少女ふぉるしぃ」「魅惑のツンデロイド」と続き、本編ラストを飾るのはニューアルバムのテーマ曲とも言える「妄想網 Ж Superluminal」。かやぴーのラップ、み~こによる王道メロディーによってどこまでも高みへ上り詰めていく、ラストに相応しい名曲である。

ライヴ本編は終了したものの、アンコールも内容ぎっしりなのがMOSAIC.WAV。「最強○×計画」では学ランを着た男女2名がバックに登場、フラッグを振ったり正拳突きをかましたりと、場内の雰囲気をバンカラ色に染める。続いて人気曲「ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト」でひとしきり盛り上がった後はメンバー紹介。各メンバーのソロ回しなのだが、例えばドラムのガンタ氏はスーパーマリオ、マニピュレーターの大串氏はスパルタンXと、古き良きファミコンBGMを取り入れたものとなっており、アラサー世代にはたまらないものがあったのではないだろうか。ちなみにかやぴーはFFシリーズの歴代バトルBGMをキーボードで早弾き、み~こはまさかのサイコソルジャーを熱唱!

前作アルバムのタイトル曲でもあるパンキッシュな「Amusement Pack」を披露してメンバーは一旦退場。さらにダブルアンコールとして「ぱんちゅありー」、そして正真正銘のラストは「SPACE! WAVE! AKIBA-POP!!」という大アンセム。「A・K・I・B・A AKIBA-POP!!」というコールが場内にこだまする。こうして全23曲、完全燃焼でステージングは終了した。

***

そのサウンドの魅力もさることながら、次々と披露される新趣向の数々には、MOSAIC.WAVの過剰なサービス精神を感じずにいられなかった。また、随所に編み込まれたオタクネタも膨大な数に上り、全てを理解できた観客はどれぐらいいたのだろうか。例えばモンハンネタとファミコンBGMネタの両方がわかる層というのは結構限られていると思うのだが…。そのレンジの広さもまたMOSAIC.WAVの過剰の一端、ということだろうか。まさに2009年のいま・ここで展開されるに相応しいエンターテイメント空間だったし、MOSAIC.WAV以外には成し得ないライヴ空間だったことは間違いない。名古屋・大阪でのライヴも、今回の東京と同等、いやそれ以上のパフォーマンスが期待できるだろう。

なお、今回のライヴでは、7月にフランスで行われるイベント「JAPAN EXPO 2009」にMOSAIC.WAVが出場することも発表された。日本発のAKIBA-POPが世界を揺るがす、その第一歩になりそうだ。


<ライヴ情報>
1st Tour 2009「Superluminal Ж MOSAIC.LIVE」
2009年6月6日(土)
名古屋・ボトムライン
開場17:00 開演18:00
料金:
¥5,775(税込)オールスタンディング ※整理番号付
ドリンク代別¥500
お問い合せ:キョードー東海 052-972-7466
主催:東海ラジオ放送
後援:ランティス
企画制作:Sham.Studio.

2009年6月20日(土)
大阪・BIG CAT
開場17:00 開演18:00
料金:
¥5,775(税込)オールスタンディング ※整理番号付
ドリンク代別¥500
お問い合せ:キョードーチケットセンター 06-7732-8888
主催:ラジオ大阪
後援:ランティス
企画制作:Sham.Studio.

チケット購入の詳細などは、ライヴツアー特設ページへ
http://www.sham.jp/studio/event/090530/info.html


<CD情報>
MOSAIC.WAV『Superluminal Ж AKIBA-POP』
2009年4月15日発売
発売元:Sham.Studio.
販売元:ヴューズ

■初回限定盤
MOCD-0014
¥3,500(税込)













■通常盤
MOCD-0015
¥3,000(税込)













【収録曲】
01. 洗脳・搾取・虎の巻(PCゲーム「VAZIAL SAGA」イメージソング)
02. ぱんちゅありー(PCゲーム「天空のシンフォニア 2」ED主題歌)
03. シリーシンフォニー(PCゲーム「きみはぐ」OP主題歌)
04. こいはぐ(PCゲーム「きみはぐ」ED主題歌)
05. 空から女の子が降ってくる街(新曲)
06. にゅーすたいるおんらいん(雑誌「ネットランナー」企画楽曲)
07. 愛の個人授業(PCゲーム「教えてっ!おねてぃー」OP主題歌)
08. Love Cheek?(新曲)
09. 百合星式おゆうぎうた(コミック「百合星人ナオコサン」挿入歌)
10. 百合星人ナオコサン(コミック「百合星人ナオコサン」主題歌)
11. LOCAL JESUS(新曲)
12. 妄想網 Ж Superluminal(新曲)
13. ふたりのKiss(PCゲーム「きすみみ!! ~KIss!Me!Me!~」ED主題歌)


<その他関連記事>
明日からライヴツアー開催! MOSAIC.WAV&バンドメンバーインタビュー
二人に直撃! MOSAIC.WAVライヴツアー前インタビュー!


Sham.Studio.公式サイト:
http://www.sham.jp/

MOSAIC.WAV公式サイト:
http://www.mosaic.cd/


   




2009年06月04日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

あたらしいうた(初回生産限定盤) / 花澤香菜


2016/06/01発売

リリースカレンダーを見る

2016/06/25 17:30~
LiVE is Smile Always ~Hi! FiVE~

2016/06/25 18:00~
Minori Chihara Live Tour 2016 ~Innocent Age~

2016/06/25 18:00~
LAWSON presents 豊崎愛生 3rdコンサートツアー2016 The key to Lovin’

2016/06/25 18:00~
霜月はるか 10th Anniversary Live Tour ~シモツキンの大冒険~

2016/06/26 17:00~
小野賢章 Live Tour 2016 ~Rainbow Road~

2016/06/26 17:00~
分島花音 LIVE TOUR 2016『Unbalance by Me』

2016/06/26 18:00~
AYA UCHIDA LIVE TOUR 2016

2016/07/02 18:00~
GRANRODEO LIVE TOUR 2016

2016/07/02 19:00~
Kiramune Presents 吉野裕行 Live Tour 2016

イベント情報を見る
ぺージのトップへ