スタチャの超人気アニメが集結! 『STARCHILD FESTIVAL 2009 SPRING』レポート

4月12日、渋谷・NHKホールにて『STARCHILD FESTIVAL 2009 SPRING』が行われた。通称“スタチャフェス”と呼ばれるこのイベントは、2007年以来、2年ぶりに開催。スタチャが誇る人気声優と人気アーティストが出演するとあって、NHKホールは期待に胸膨らんだお客さんが押し寄せ、3階席まで超満員。



■前半戦

ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記と、歌手の三重野瞳が軽快なMCで冒頭を飾る中、作品コーナーのトップバッターは、『みなみけ おかえり』。“3姉妹”の佐藤利奈、井上麻里奈、茅原実里が登場した。それぞれが思い出に残る名シーンをモニターで放送するコーナーでは、茅原が『みなみけ』のまったりとした世界とは真逆の、波乱に次ぐ波乱のストーリーが展開される劇中劇『先生と二ノ宮くん』をチョイス。この劇中劇を繋げたスペシャル映像には、場内も3人も釘付けになり、大爆笑を誘った。

続いて、今年3月に大人気のまま放送が終了した『とらドラ!』より釘宮理恵、堀江由衣、喜多村英梨が登場。おもちゃの爆弾を回して「お金持ちがもってそうなもの」「黒いもの」というお題が出された古今東西ゲームが数回繰り広げられた。1ゲーム行われるたび、“ごくろうさん”にちなんだ賞金5,963円が振舞われる。堀江は常に本気モード、やがて履いていた靴を脱ぎはじめ、超本気モードへ突入する姿も見られた。

次は『屍姫 玄』。契約僧・景世の死を軸にした10分以上にも及ぶ大ボリュームの特典映像が流れた後に、主役を担当した羽染達也と秋山奈々が登場。『屍姫』に関するトークに加え、これから発売されるDVDには、秋山奈々自身が眞姫那と同じ衣装を着ている実写版映像と、さらに、登場キャラクターがSDキャラになったコメディ調のアニメ『屍姫 ぷちっと』も収録されるとの新情報を発表。各映像は『屍姫 玄』DVD第4巻に収録とのこと。

続いては、スターチャイルドの隆盛を牽引し続けている存在、林原めぐみがVTR出演。『スレイヤーズ EVOLUTION-R』最終回のクライマックスシーンが上映され、それにまつわる楽曲の秘話も語った。

一方、4月から始まったばかりのTVアニメ『アスラクライン』と『夏のあらし!』も見逃せない。『アスラクライン』から入野自由、戸松遥、野中藍、『夏のあらし!』から白石涼子、三瓶由布子、小見川千明が登場。なお、『夏のあらし!』には野中も出演中だが、今回は『アスラクライン』側にまわった。この野中が後々、コーナーの鍵を握ることになる。

コーナーは、作品のキャストがチームとなり、お互いの作品にちなんだクイズを回答しあうという企画。「『夏のあらし!』の第1話で登場したイチゴ型の爆弾の名前は?」などの問題が出題されていき、両チームとも4ポイントを獲得して同点。しかし、野中が両方の作品に出演しているため『アスラクライン』チームに有利ということで、優勝は『夏のあらし!』チームに! 勝った『夏のあらし!』チームには賞品として、1回分だけ領収書を切り放題というお食事券が与えられた。出演者のみんなで行こうと意気込む中、野中がぽつりと漏らした「行きづらい…」という一言に会場は大爆笑となった。

作品コーナーのラストを飾るのは、今夏から放送が始まる『かなめも』のキャストが当日発表! 新聞専売所の個性的な同居人たちによる展開が楽しそうなこのアニメは、主役・中町かな役に豊崎愛生、西田はるか役に堀江由衣、久地院美華役に釘宮理恵、東ひなた役に喜多村英梨など、他にも豪華なキャストが決定。豊崎ら4人がステージに上がり、意気込みを語った。


■後半戦

数分間の休憩を挟み、ここからは一挙に激アツのライヴコーナーへ。色とりどりのサイリウムを持ち、スタンドアップしたオーディエンスはライヴ臨戦状態へ。トップバッターは『今日の5の2』から生まれたスペシャルユニット・Friends。

制服姿に身を包んだ彼女たちが、レベッカの名曲をカバーした「フレンズ」で幕を開ける。続いての同アニメOPテーマ「ニセモノ」で早くもライヴパートは大盛り上がり。2曲だけの披露となったが、Friendsは9月30日にニューアルバムをリリース、さらに10月18日に渋谷O-WESTでワンマンライヴを行うという。アニメが終了してもなおFriendsの人気の高さは健在だ。

「いくぜー!NHKホール!」という煽りとともに登場したのは野中藍。「LOVE@MESSENGER」での合いの手コール“beam! beam!”もバッチリ決まる。続けて4月22日発売のアルバム『サプリメント』から「Sweet Sunny Day」を初披露、さらにシングル曲「だってあなたはあなただから」を歌い上げた。


続く白石涼子は、ソロデビュー曲の「太陽のかけら」からスタート。そして自身のラジオ『白石涼子の聞かなきゃ☆そん♪Song! 』のリスナーから歌詞を募集し、白石が構築した「感じるパワー」では、“嵐にも疾風にも負けない”という、白石ファンならば思わずニヤリとしてしまう歌詞も盛り込まれていた。白石パートの最後は、5月27日発売のシングルで、『夏のあらし!』EDテーマでもある「キラリフタリ」を披露。赤と黒の衣装も相まった情熱的なこの楽曲の最後には、爆発の特殊効果で会場のボルテージをさらに上げた。

そして、ダンサー4人がスタンバイする中、ステージ中央のリフトからせり上がる形で登場したのは、堀江由衣。ダンサー4人とともに、『とらドラ!』の後期OPテーマ「silky heart」を完璧なダンスで披露する。さらに浅野真澄が作詞を手がけたという新曲「JET!!」を初披露すると、重大発表へ。その内容とは、7月中旬にニューアルバムをリリース、そして「ブッキングミスで決まった」と冗談を交えながら言い放った、9月19日・20日の日本武道館2DAYSライヴ! ファンならお気づきかもしれないが、9月20日は堀江由衣の誕生日でもある。最後は浅野真澄が作詞した新曲「Love Countdown」で堀江のパートは終了となった。

重いギターサウンドのイントロが流れる中、ヌンチャクの妙技を披露しながら現れたのは大槻ケンヂ。すでにステージ上には浴衣風の衣装をまとった小林ゆう、新谷良子、野中藍、沢城みゆきがスタンバイ。この5人と言えば、大槻ケンヂと絶望少女達だ。“ブレブレブレブレ!”という合いの手で盛り上がる「人として軸がぶれている」。さらにアルバム『かくれんぼか鬼ごっこよ』から「ニート釣り」と披露していく。最後は「空想ルンバ」で締め、NHKホール内にロックと声優楽曲の融合サウンドがこだました。

トリをつとめるアーティストは、angela。『屍姫 赫』『屍姫 玄』のOPテーマ「Beautiful fighter」では、atsukoが日本刀をふりかざし、ダンサー相手に殺陣さばきを展開する。さらにライヴ初お披露目となる『アスラクライン』OPテーマ「Spiral」では、atsuko自らオーディエンスに振り付けを指導。「Spiral」の名のとおり、腕をくるくると回しながらしゃがんでジャンプするという全身を使った振り付けで会場が一体となった。大トリの楽曲は、angelaライヴではおなじみのタオルを使用して盛り上がる「Shangri-La」。間奏ではatsukoが煽る中、KATSUの恒例の「ジーク・ジオン!」という煽りにも大きく呼応し会場がヒートアップ! 最後は出演したアーティストが壇上に並び、各々の挨拶で幕を閉じた。

2002年春の第1回、同年秋の第2回、2007年春の第3回、そして今回開催の第4回。スターチャイルドの人気キャストによる夢の饗宴、早くも次の開催が待ち遠しいところだ。


<セットリスト>
01. フレンズ/Friends
02. ニセモノ/Friends
03. LOVE@MESSENGER/野中藍
04. Sweet Sunny Day/野中藍
05. だってあなたはあなただから/野中藍
06. 太陽のかけら/白石涼子
07. 感じるパワー/白石涼子
08. キラリフタリ/白石涼子
09. silky heart/堀江由衣
10. JET!!/堀江由衣
11. Love Countdown/堀江由衣
12. 人として軸がぶれている/大槻ケンヂと絶望少女達
13. ニート釣り/大槻ケンヂと絶望少女達
14. 空想ルンバ/大槻ケンヂと絶望少女達
15. Beautiful fighter/angela
16. Spiral/angela
17. Shangri-La/angela


STARCHILD公式サイト:
http://www.starchild.co.jp/


   




2009年05月13日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

あたらしいうた(初回生産限定盤) / 花澤香菜


2016/06/01発売

リリースカレンダーを見る

2016/08/27 15:00~
渡部優衣 FUN FAN FESTIVAL 2016

2016/08/27 18:30~
渡部優衣 FUN FAN FESTIVAL 2016

2016/08/27 19:00~
Kiramune Presents 吉野裕行 Live Tour 2016

2016/08/28 17:00~
遠藤正明 2016 生誕祭 -ENSON祭-

2016/08/28 18:00~
桃井はるこレコ発ツアー2016!Pink Hippopo魂!!!

2016/08/28 19:00~
Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」

2016/09/03 18:00~
GRANRODEO LIVE TOUR 2016 TREASURE CANDY

2016/09/03 18:00~
神谷浩史 Live 2016 “LIVE THEATER”

2016/09/03 18:00~
LAWSON presents 戸松遥 BEST LIVE TOUR 2016 ~SunQ&ホシセカイ~

イベント情報を見る
ぺージのトップへ