全17曲を熱唱! 宮野真守初単独ライヴ・東京公演レポート

宮野真守01宮野真守の初単独ライヴ、「1st LIVE TOUR 2009 ~BREAKING!~」の東京公演が、4月18日にshibuya O-EASTにて行われた。

3月11日に発売されたオリジナル1stアルバム『BREAK』を引っさげてのライヴということで、まずはアルバム冒頭を飾るナンバー「Break a road」からスタート。ギター・ベース・キーボード・ドラムという生バンド編成によるグルーヴィーな演奏に乗せ、ダンサー2人を従えた宮野が真っ赤な衣装に身を包んで登場すると、観客の黄色い声援が場内にこだまする。

宮野真守02「♪君にKiss!!」というフレーズと共に観客へキスのジェスチャーをする宮野のアクションが印象的な「Kiss×Kiss」、TVアニメ『鋼鉄三国志』EDテーマだった「久遠」、ミュージカル『鋼鉄三国志 歌劇舞台 ~深紅の魂よみがえりしとき~』挿入歌だった「nocturne」等々、ポップな曲調やダンサブルなチューン、さらにバラードソングまで硬軟織り交ぜた選曲でライヴは進行していく。宮野の確かな歌唱力が曲ごとに様々な表情を見せていく。






宮野真守03中盤では、宮野と演劇ユニット“SMILY☆SPIKY”を組んでいる髙木俊がゲストで登場。学ラン姿に着替えた宮野が再登場し、2人で「卒業デイズ(feat.SMILY☆SPIKY)」を披露。楽しい曲調、そして2人と観客の掛け合いパートが展開されたことで、場内の雰囲気が一気に賑やかなものへと変わる。


宮野真守04後半はメジャーデビューシングル「Discovery」などを披露、そして本編ラストは2ndシングル「…君へ」で感動的に締めくくられた。アンコールの声に応えて宮野が再び登場、アルバム『BREAK』ラストを飾るナンバー「会いに行くよ」が歌われた後、本当に最後の曲として「Kiss×Kiss」を髙木も加わり再度披露。









宮野真守05ライヴを観ていて感じたのは、宮野のパフォーマーとしての力量の高さ、そして観客からの熱い声援に「(ライヴ)終わりたくないよ~」と思わず口に出してしまう、くだけた人柄だった。宮野真守の東京で初単独ライヴ、大成功の内に幕を閉じたと言えるのではないだろうか。











<セットリスト>
01. Break a road
02. FIRST GATE
03. Kiss×Kiss
04. きもちつないで。
05. 久遠
06. Garnet
07. BE
08. Beautiful smile
09. nocturne
10. 卒業デイズ(feat.SMILY☆SPIKY)
11. いつか
12. ぼくのキセキ
13. Discovery
14. Rain
15. …君へ
アンコール
16. 会いに行くよ
17. Kiss×Kiss


宮野真守公式サイト:
http://www.himawari.net/miyano/


   




2009年05月08日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

リリースカレンダーを見る
イベント情報を見る
ぺージのトップへ