ツアー最終公演では驚きの発表も! 『田村ゆかりLOVE ♡ LIVE 2009 *Dreamy Maple Crown*』幕張メッセレポート

3月8日(日)、千葉・幕張メッセイベントホールにて、田村ゆかりのライヴツアー『田村ゆかりLOVE ♡ LIVE 2009 *Dreamy Maple Crown*』最終公演が行われた。昨年は初の武道館公演や、『Animelo Summer Live 2009』でさいたまスーパーアリーナに立つなど、ビッグ・ステージが続いたゆかりん。そんな昨年の経験を経て、また彼女の持ち味である幅広いサウンド・メイクが如何なく発揮された非常に濃厚なステージとなったこの日。あらゆる“ゆかり印ポップス”が交錯する一夜をレポートしよう。(文:澄川龍一)

会場が暗転し、ドラムンベースに可愛らしい笑い声が混じるイントロが流れ、バック・バンド=桃色男爵が「恋のタイムマシン」を奏でる中、ピンクのワンピースを着たゆかりんが登場。その瞬間、会場は一瞬にしてピンクのサイリュームに包まれる。相変わらず熱狂的なオーディエンスの歓声だけど、この日はいつにも増してすさまじい。もちろん、ステージ上のゆかりんと桃色男爵、そしてバック・ダンサーの桃色メイツも負けていない。初っ端からステージと客席がフルパワーでぶつかる、とてつもない滑り出しだ。続く「パピィラヴ」「ラブリィ レクチャー」といったゆかりんらしいポップ・ナンバーの連発にオーディエンスも終始シンガロングで返し、会場もぐんぐんヒートアップしていく。

この日最初のMCで「千葉はステージが大きくて息切れしちゃうんですよね。おかしいな、17歳と五千何日なのに」と笑わせつつ、「Sweetest Love」へ。得意の早着替えも披露しつつ、おなじみ猫のダンサー=桃猫団も登場した「アンジュ・パッセ」、そしてライヴになるとその切なさがさらに増す「バンビーノ・バンビーナ」と、ニューアルバム『木漏れ日の花冠』からの楽曲を立て続けに披露した。

ここでゆかりんがいったんステージをあとにして、桃猫団主導によるメンバー紹介が行われたあと、ゴージャスなイントロとともに白のロングドレスを身にまとったゆかりんが再登場。続いては昭和ジャズ風の「星降る夢で逢いましょう」だ。ムーディーなサウンドに花束のようなマイクを握りつつ優雅なダンスを披露するゆかりんに対し、観客はこれまでと打って変わって手拍子を返す。彼女の幅広いサウンドに対応するように、観客もいろんな楽しみ方を心得ているようだ。まさに田村ゆかりのライヴならではの光景だろう。

アコギから徐々にサウンドが色づいていく印象的なミディアム「ひとひらの恋」のあと、MCを挟み、「Snow Bird」ではブランコに乗りつつ躍動感のあるリズムに心地良いファルセットを響かせるゆかりん。そのまま桃色男爵による琴を含む和風インストを披露すると、突然ステージ花道に和服姿のゆかりんが登場。そのままスウィンギンな「恋のアゲハ」がスタートする。そしてオリエンタルなメロディーラインの「嘆きの丘」で緩急自在なヴォーカルを聴かせると、上空からは雪が舞う。その幻想的な余韻に浸る間もなくゴリっとしたギターのフレーズとともに「Tomorrow」がスタート。CDよりもさらにパワフルになったサウンドとヴォーカルに、観客も「オイ!」とシンガロングの嵐だ。

熱狂のまま曲が終わり会場が暗転すると、スクリーンに少女マンガ風な絵が映し出される。「むかーしむかしあるところに、ゆかり王国のゆかり姫がいました」というナレーションとともに、ゆかり王国のお話が。途中、「少し……頭冷やそうか」と『なのは』ネタを満載させつつ始まったのは、会場限定でリリースされている新曲「†メタウサ姫 ~黒ゆかり王国ミサ~†」。タイトルどおりブラック・メタル調なナンバーで、ゆかり姫もゴシックな衣装に身を包み、ダンサーもヘッド・バンギングするなど、いきなりアグレッシヴなステージが展開される。黒いゆかり姫(呪)を聴かせたあとはピンクのゆかり姫に変身して「めろ~んのテーマ ~ゆかり王国国歌~」へ。おなじみ魔法のステッキを握っての「めろ~んビーム」で観客を撃ち抜いていった。

続いては今回のツアー各地で披露されたアイドル・カヴァー・コーナー。これまで松田聖子「天使のウィンク」(福岡)、松本伊代「センチメンタル・ジャーニー」(名古屋)、南沙織「17歳」(札幌)と披露してきたそうで、この日は小泉今日子の「なんてったってアイドル」をノリノリでカヴァー。その後ドラム・ソロと桃色メイツの紹介を挟み、赤と黄色のフリフリ衣装で「エトランゼ」を披露。そして新曲「シュガー・チューン」から、いよいよセットもクライマックスへ突入する。ひさびさに披露された「Princess Rose」、「世界一可愛いよ!」(観客)、「ほんとにー?」(田村)のおなじみのチャントも聴かれた「fancy baby doll」、ピンクとイエローのドレスに早着替えしての「Happy Life」、バンド勢も前に出ての「チェルシーガール」とアッパーな楽曲のオンパレード。最後は「盛り上がっていくよー!」の声とともにロッキンな「Cherry Kiss」で、長い本編は幕を閉じた。

アンコールでは黒のツアーTシャツに着替えたゆかりん。「Beautiful Amulet」「candy smile」をまだまだ元気いっぱいとばかりにエネルギッシュに披露。続くMCでは「ここで、みなさんに……」と何やら発表があることを告げる。マイクをステージに置いて「普通の女の子に戻ります!」とキャンディーズ的なジョークをかましつつ、「あれだけやりたいって駄々をこねていたカウントダウン・ライヴをやることになりました!」というオドロキの発表が。これにはさすがに驚かされた観客にふたたび“めろ~んビーム”を撃ちつつ、「遊びの時間はそろそろおしまいよ!」と言って始まったのはまさかの「プレゼント」。まさにラストを飾るにふさわしい贈り物のあと、いつものように長く長く観客に手を振ってからステージを去ったのだった。

……と、ここでこの日のステージが終わりかと思いきや、観客の熱狂的な「もう一回」のコールが鳴り止まない。それに押されるようにして出てきたゆかりんは「みんなに言いたいことはたくさんあるんだけど、うまく言葉に出ない」と言うと、観客からは惜しみない歓声が注がれた。「みんなといられる時間は大切だなって思いました」とMCを結んで、正真正銘最後の曲「Spiritual Garden」に。バックダンサーもなく、振り付けもない、この日もっともシンプルなステージとなったこの曲。それだけに胸に迫るものがあった。最後に観客に向かって深々と一礼したあと、「どうもありがとございました! じゃあみんな、年末に会いましょう!」と言って、熱狂のステージを終えたのだった。


<セットリスト>
01. 恋のタイムマシン
02. パピィラヴ
03. ラブリィ レクチャー
04. Sweetest Love
05. アンジュ・パッセ
06. バンビーノ・バンビーナ
07. 星降る夢で逢いましょう
08. ひとひらの恋
09. Snow bird
10. 恋のアゲハ
11. 嘆きの丘
12. Tomorrow
13. †メタウサ姫 ~黒ゆかり王国ミサ~†
14. めろ~んのテーマ ~ゆかり王国国歌~
15. なんてったってアイドル ※小泉今日子カヴァー
16. エトランゼ
17. シュガー・チューン
18. Princess Rose
19. fancy baby doll
20. Happy Life
21. チェルシーガール
22. Cherry Kiss
アンコール1
23. Beautiful Amulet
24. candy smile
25. プレゼント
アンコール2
26. Spiritual Garden


田村ゆかり公式サイト:
http://www.tamurayukari.com/


   




2009年03月23日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

あたらしいうた(初回生産限定盤) / 花澤香菜


2016/06/01発売

リリースカレンダーを見る

2016/10/01 17:30~
HAPPY HANAZAWEEEEN

2016/10/01 18:00~
JAM Project LIVE TOUR 2016 ~AREA Z~

2016/10/01 18:00~
OLDCODEX Tour 2016-2017 “FIXED ENGINE”

2016/10/01 18:00~
LAWSON presents 戸松遥 BEST LIVE TOUR 2016 ~SunQ&ホシセカイ~

2016/10/02 17:00~
OLDCODEX Tour 2016-2017 “FIXED ENGINE”

2016/10/02 17:00~
ZAQ LIVE TOUR 2016「NO RULE MY RULE」

2016/10/07 19:00~
ALI PROJECT TOUR 2016「A級戒厳令」~従わざるもの喰うべからず

イベント情報を見る
ぺージのトップへ