新たな扉が開く!「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」ライブレポート(1日目)

昨年2014年の開催で10周年を迎えた「Animelo Summer Live」。今年は新たな10年への、そしてアニメーションという異次元の世界への扉というコンセプトで「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」と題された真夏の祭典は、8月28日~30日の3日間さいたまスーパーアリーナで開催された。総勢61組139名の出演アーティストはどのような扉を開けたのか、熱狂のライブの初日をレポート。
(文/高田俊)

※2日目のレポートはこちら

※3日目のレポートはこちら


ここ数年恒例となっているライブ1曲目のコラボレーション。今年はなんと昨今のアイドルアニメブームを牽引する2大巨頭『アイドルマスター』と『ラブライブ!』のユニットがまさかのコラボで登場! 共に絶大な人気を誇るものの、ライブコラボなどの絡みは過去一切行わなかったことからファンは驚きとともに大歓声で迎える。それぞれのアニメのOPテーマである「READY!!」「僕らは今のなかで」を披露すると、これだけでは終わらずラブライブ!からは「Wonderfuru Rush」「No brand girls」、アイドルマスターからは「キラメキラリ」「GO MY WAY!!」という人気曲を交互に披露! 夢のコラボレーションに会場のテンションは一気にマックスまで上がっていく。

続いて登場したのは、ゲームやアニメの大ヒットも記憶に新しい『妖怪ウォッチ』から、主題歌を担当するキング・クリームソーダが「ゲラッポ・ダンストレイン」を披露。ポップなアニメソングと思いきや途中で演歌のような曲調に変わるなど、独特の世界観で人気の彼ら。「ゲラゲラポーのうた」ではボーカルのマイコの高い歌唱力だけでなく、ZZROCKのハスキーボイスでのシャウト、ゲラッパーのラップ、そして楽しい振り付けでも観客を楽しませていた。

『ガンダムビルドファイターズ』のOPテーマ「ニブンノイチ」でアニメファンにもその存在を知られたBACK-ONが満を持してアニサマ初登場! ロックバンドならではの熱いノリで会場を沸かせ、続編の『ガンダムビルドファイターズトライ』OPテーマ「セルリアン」も披露。ロックバンドの音楽性だけでなく、最近忘れてしまったような正統派の熱血アニソンの血潮すら感じる楽曲は、場内のファンたちにアニソンとは何かということを思い起こさせてくれる。

ここからは声優としても活動しているアーティストたちが続く。最初に登場したのは2年ぶりとなる野水いおり。『棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE』OPテーマ「漆黒を塗りつぶせ」ではアカリ・アキュラ役を務める声優の原優子が間奏で登場。なんとアニサマ中に生アフレコを行うという新しい試みで観客を驚かせていた。『空戦魔導士候補生の教官』OPテーマ「D.O.B.」でも、野水いおり独特のシャウトによる得意のライブパフォーマンスを披露。

場内のスクリーンに『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のアニサマスペシャル映像が流れると、同作品で声優も務めている井口裕香がソロとしてはアニサマ初登場。OPテーマ「Hey World」を井口らしい元気なノリで歌う。続いて『とある科学の超電磁砲S』EDテーマ「Grow Slowly」を歌いあげると、MCでは「まだ帰らないも~ん!」とお茶目っぷりを発揮。ここでまさかのRayが登場。一世を風靡した『ロウきゅーぶ!SS』から「Rolling! Rolling!」をコラボレーションで披露し、おなじみの「Show you guts cool sayは最高だぜっ!」のかけ声では会場のファンも応えていた。

Rayは『凪のあすから』の印象的な世界観がつめこまれているOPテーマ「ebb and flow」をしっとりと披露。『To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd』からはうって変わってダンサブルなナンバー「secret arms」を、ニコニコ動画でも活動するマリスとぱん2をバックダンサーとして従え、その小さな体からは信じられないパワフルな歌とダンスを見せつけた。

アニサマ出演アーティストとしてはある意味異例なミュージカル出身の歌手として初登場を果たした昆夏美。『一週間フレンズ。』OPテーマ「虹のかけら」を披露し、甘酸っぱい雰囲気の曲をのびやかな歌声で観客を魅了。『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』OPテーマ「ISOtone」ではダークな曲調となり、歌声も低音にチェンジという変幻自在の歌声を聴かせてくれた。

話題のアニメ『がっこうぐらし!』からEDテーマを担当する黒崎真音がここで登場! 観衆の大歓声に迎えられつつ「ハーモナイズ・クローバー」を歌いあげ、続いて『グリザイアの楽園』から「刹那の果実」。黒崎真音ならではのかっこよさとかわいさが同居した見事なステージとなった。MCでは「アニソンを盛り上げていきましょう!」と観客を鼓舞し、ここでコラボ相手TRUSTRICKもステージへ! 『戦姫絶唱シンフォギア』から「逆行のフリューゲル」は、場内も歌詞に合わせて大コールが飛び交う盛り上がりとなった。

神田沙也加とBillyからなるユニットTRUSTRICKがアニサマ初登場! 先ほどのコラボでも堂々としたステージを披露したが、『銃皇無尽のファフニール』OPテーマ「FLYING FAFNIR」でもさすがの貫禄を見せる。さいたまスーパーアリーナを所狭しと走り回り、アニメロサマーライブという大舞台でも臆せず会場を盛り上げていた。

前半戦のトリとなるのはアイドルマスター。TVアニメ版『アイドルマスター』の劇中歌「自分REST@RT」でアイマス声優たちが場内を駆け巡りアピール。アイマス楽曲としてはおなじみとなっている劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の主題歌「M@STERPIECE」では、昨今のアイドルアニメブームの老舗とも言えるべきアイドルマスターの貫録を観衆に見せつけた。





後半戦は“リアル”なアイドルであるももいろクローバーZで開幕! 会場のスクリーンに『美少女戦士セーラームーンCrystal』のアニメ映像が流れ、ももいろクローバーZが登場! 『美少女戦士セーラームーンCrystal』OPテーマ「MOON PRIDE」を披露した。続いて場内に聞こえてくるのはなんと『ドラゴンボールZ』のキャラクター、フリーザの声。ここで歌うのは当然『ドラゴンボールZ復活のF』の主題歌「Zの誓い」! 続けて『ドラゴンボールZ』の主題歌で、知名度の高いアニソンでもある「CHA-LA HEAD-CHA-LA」も披露し、スクリーンや語りでもファンを喜ばせ盛り上げた。

スクリーンに注目すると『STEINS;GATE』のキャラクターたちが登場し、さいたまスーパーアリーナ前で会話を繰り広げるというファンに嬉しいサプライズ映像が。同作品の主題歌を数多く担当しているいとうかなこの登場だ。TVアニメ版の主題歌「Hacking to the Gate」をその群を抜く圧倒的な歌唱力で披露すると、再び観客の目はスクリーンへ。なんとまだ発売前である『STEINS;GATE 0』のスペシャル映像が流れファンを沸かせる。そしてこの作品の主題歌となっている「アマデウス」を初披露! 意外なサプライズ演出にファンも大喜びのステージとなった。

続いてはオーイシマサヨシ。『月刊少女野崎くん』主題歌でアニメファンにも知られることになった彼が満を持してアニサマ初登場。「君じゃなきゃダメみたい」は持ち前のギターテクニックにシャウトといったパフォーマンスで観客を沸かせ、初登場かつ1曲のみの歌唱ながらも鮮烈な印象を残していった。

春奈るなはトロッコに乗って登場。『冴えない彼女の育て方』OPテーマ「君色シグナル」を歌いながら会場内をトロッコで周りステージに降り立つと、続いてはこの曲で彼女を知った人も多いであろう『ソードアート・オンライン』EDテーマ「Startear」をしっとりと歌いあげる。ここでステージに呼ばれたのは鈴木このみ。二人でコラボすることが決まってからお互い歌ってみたかったと決まった曲は、『魔法少女まどか☆マギカ』OPテーマである「コネクト」。なかなかライブで聴くことができないこの曲、そしてこの二人の夢のコラボとあって観客のボルテージも上がりっぱなしとなった。

鈴木このみは『魔弾の王と戦姫』OPテーマ「銀閃の風」と、『黄昏乙女×アムネジア』OPテーマ「CHOIR JAIL」をメドレー形式で披露。魂を絞りとって歌っているかのような気迫のステージは観る者すべてを魅了する。『アブソリュート・デュオ』OPテーマ「Absolute Soul (THE GATE LIVE ver.)』ではオーイシマサヨシとTom-H@ckのユニット・OxTとコラボレーション。

2002年に岡崎律子と日向めぐみによって結成されたユニット、メロキュア。2004年に岡崎が急逝してからもメロキュアとして日向めぐみが活動を続けていたが、今回まさかのアニサマ初登場となった。ステージには岡崎のマイクスタンドが用意され、日向めぐみも「メロキュアの岡崎律子と日向めぐみです!」と挨拶するなど、そこに岡崎律子がいるかのような演出に往年のアニメソングファンは涙なしには見られないステージとなった。歌った曲は2ndシングル「1st Priority」、そして岡崎が亡くなった今聴くとあまりにその歌詞が印象深くなる名曲「Agapē」。元気にステージを去っていく日向めぐみと残されたマイクスタンドは、この日もっとも印象深く素晴らしい場面となった。

若干湿っぽくなった会場の雰囲気を吹き飛ばして再び熱を持たせたのはAKINO from bless4。『艦隊これくしょん -艦これ-』OPテーマ「海色」をシャウトしながら登場し、一気に観客のボルテージを再び上げていく。続いて同作品からEDテーマ「吹雪」を歌う西沢幸奏もアニサマ初登場! 堂々とした歌いっぷりで盛り上げた。

後半戦もラストに近づき、登場したのは『ラブライブ!』からμ’s。OPテーマ「それは僕たちの奇跡」を披露すると観衆は大歓声で迎え入れる。「ユメノトビラ」「KiRa-KiRa Sensation!」でも見事なフォーメーション。観客も色鮮やかなサイリウムの海で応え、近年もっとも勢いのあるアイドルアニメユニットの実力をいかんなく発揮していた。

初日のトリを飾ったのはLiSA。『ニセコイ:』OPテーマ「Rally Go Round」を歌いながら登場! 「最高に楽しんでいきましょう!」と煽ると『ソードアート・オンラインⅡ』EDテーマとなった「No More Time Machine」「シルシ」を披露。MCでは伝統あるアニサマのトリを務めることへの責任、感謝を語った。最後の曲は『魔法科高校の劣等生』OPテーマ「Rising Hope」。LiSAらしい強烈かつアップテンポな楽曲で場内を熱狂の渦に巻き込む。パンクロック出身だけあってライブパフォーマンスに優れる彼女、最後はあまり多くを語らず「ありがと」と一言でステージを後にし、観客を虜にした。

一体11年目を迎えてどんな扉を開くのか? と期待されていた『Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-』だが、ファンも驚くアンタッチャブルなコラボレーションや、公開アフレコなどの新たな試み、そしてアニサマ特別映像や音声を使った演出など、初日にして十分に新しい要素を感じられる素晴らしいステージとなった。2日目が開いてくれる扉に期待を馳せつつ一旦さいたまスーパーアリーナは眠りにつく。





※2日目のレポートはこちら

※3日目のレポートはこちら


<セットリスト>
01. READY!!~僕らは今のなかで / アイドルマスター×μ’s
02. Wonderful Rush~キラメキラリ~No brand girls~GO MY WAY!! / アイドルマスター×μ’s
03. ゲラッポ・ダンストレイン / キング・クリームソーダ
04. ゲラゲラポーのうた / キング・クリームソーダ
05. ニブンノイチ / BACK-ON
06. セルリアン / BACK-ON
07. 漆黒を塗りつぶせ / 野水いおり
08. D.O.B. / 野水いおり
09. Hey World / 井口裕香
10. Grow Slowly / 井口裕香
11. Rolling! Rolling! / 井口裕香×Ray
12. ebb and flow / Ray
13. secret arms / Ray
14. 虹のかけら / 昆夏美
15. ISOtone / 昆夏美
16. ハーモナイズ・クローバー / 黒崎真音
17. 刹那の果実 / 黒崎真音
18. 逆行のフリューゲル / 黒崎真音×TRUSTRICK
19. FLYING FAFNIR / TRUSTRICK
20. 自分REST@RT / アイドルマスター
21. M@STERPIECE / アイドルマスター
22. MOON PRIDE / ももいろクローバーZ
23. 『Z』の誓い / ももいろクローバーZ
24. CHA-LA HEAD-CHA-LA / ももいろクローバーZ
25. Hacking to the Gate / いとうかなこ
26. アマデウス / いとうかなこ
27. 君じゃなきゃダメみたい / オーイシマサヨシ
28. 君色シグナル / 春奈るな
29. Startear / 春奈るな
30. コネクト / 春奈るな×鈴木このみ
31. 銀閃の風~CHOIR JAIL / 鈴木このみ
32. Absolute Soul(THE GATE LIVE ver.) / 鈴木このみ feat.OxT
33. 1st Priority / メロキュア
34. Agapē / メロキュア
35. 海色 / AKINO from bless4
36. 吹雪 / 西沢幸奏
37. それは僕たちの奇跡 / μ’s
38. ユメノトビラ / μ’s
39. KiRa-KiRa Sensation! / μ’s
40. Rally Go Round / LiSA
41. No More Time Machine / LiSA
42. シルシ / LiSA
43. Rising Hope / LiSA
44. ハジマレ, THE GATE!! / アニサマオールスターズ


Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-公式サイト:
http://anisama.tv/


©Animelo Summer Live 2015/MAGES.


   




2015年10月06日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

リリースカレンダーを見る
イベント情報を見る
ぺージのトップへ