SSAに旗が舞った!「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」レポート(1日目)

世界最大級のアニメソングイベント「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」が、8月23日~25日に渡ってさいたまスーパーアリーナにて開催された。「FLAG NINE」をテーマに掲げた9年目の今年はついに初の3DAYS開催となり、総勢134名のアーティストが参加。動員人数は延べ8万1000人という、名実ともにまさに夏の祭典と呼ぶにふさわしい今年のアニサマを徹底レポート。
(文/高田俊)

※2日目のレポートはこちら

※3日目のレポートはこちら


初の3DAYS開催に期待がうずまく場内。恒例となっているオープニングのコラボレーションを飾ったのは茅原実里と宝野アリカ(ALI PROJECT)。いつも通りの歌声を響かせる茅原と、いつもとは違う印象で新たな魅力を見せつける宝野の抜群のコンビネーションで「Celestial Diva」を歌いあげ、2013年のアニサマが開幕した。

単独トップバッターとなったのは、飛ぶ鳥を落とす勢いで大活躍中のももいろクローバーZだ。注目の楽曲は『美少女戦士セーラームーン』から、往年の名曲である「ムーンライト伝説」。続いて「サラバ、愛しき悲しみたちよ」。そしてアニメファンにはなじみ深い『モーレツ宇宙海賊』の主題歌である「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」と、ももクロならではの全力のパフォーマンスで会場を盛り上げた。

続いてはソーシャルゲーム版も大ヒットを飛ばしている『アイドルマスター』プロジェクトから「アイドルマスターシンデレラガールズ」がシンデレラを連想させる映像から登場。「お願い!シンデレラ」と「輝く世界の魔法」の2曲が、イメージぴったりのシンデレラのような可憐なドレスに身を包んだシンデレラガールたちによって歌われた。

デビューから2年連続2回目の出場となるRay。TVアニメ『AMNESIA』EDテーマ「Recall」、TVアニメ『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』OPテーマ「楽園PROJECT」を、今年もバックダンサーチームとぴったり息の合ったダンス&パフォーマンスで見せつけた。

ここでスクリーンに映し出されたのは大ヒットアニメ『ガールズ&パンツァー』の映像。昨年から今年にかけて代表するアニメである本作の主題歌「DreamRiser」を、初出場のChouChoが堂々と披露する。

すると続いてはこちらも大ヒット映画『とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-』の映像から、同作の挿入歌「telepath ~光の塔~」を歌う三澤紗千香が登場。彼女はアニサマ初登場からわずか1年とは思えない迫力のある歌唱力で、現在放送中のアニメ『とある科学の超電磁砲S』のEDテーマ「リンクス」も歌いあげた。

アニサマ初登場となるZAQ。DJを従えた彼女は、アニサマ特別バージョンとして「激情論~MASANIANISAMA」をラップとDJプレイで盛り上げる。そして彼女の鮮烈なデビュー曲であるTVアニメ『中二病でも恋がしたい!』の主題歌「Sparkling Daydream」でもDJとZAQによるコール&レスポンスで大盛況の場内となった。

こちらもアニサマ初登場となるearthmind。『機動戦士ガンダムUC』の主題歌でデビューした彼女らだが、初登場となった今回は記憶にも新しいTVアニメ『ビビッドレッド・オペレーション』OPテーマの「ENERGY」を披露。初登場をものともせず元気いっぱいにアニサマの観客にエネルギーを届けていた。

アニサマ出演は2度目となる、久しぶりの登場となった中川翔子。代表曲でもある「空色デイズ」のイントロが鳴り響くと会場のテンションも天元突破。きれいなオレンジ色のサイリウムの光がさいたまスーパーアリーナを照らし出した。

ここでアニサマ恒例、シークレットゲストが登場。本日のゲストはなんと、『聖闘士星矢』の主題歌で有名なMAKE-UPのボーカル、NoB。中川翔子と共に歌うのはもちろんこの曲、TVアニメ『聖闘士星矢Ω』OPテーマの「ペガサス幻想 ver.Ω」。アニソンファンなら誰でも知ってるこの曲で会場を熱狂の渦に巻き込む。NoBは続く「轟轟戦隊ボウケンジャー」ではマイクスタンドを振り回すロックなパフォーマンスを披露し場内を沸かせていた。

続いて登場したのはまさにアニソン/特撮ソングの大御所である串田アキラ。『トリコ』でおなじみの「豪食マイウェイ!!~ガツガツ!!」を全く衰えることのないパワーで披露し、さらに彼の代表曲といえる「宇宙刑事ギャバン」を歌唱。会場からは「♪イーイー!」の大歓声のコールが起きていた。

ここで登場したのはなんとキン肉マンの超人たちに身を扮したももいろクローバーZ。会場花道にはリングが用意され、串田アキラとももクロがリングで歌対決を行うという熱い設定。「キン肉マンGo Fight!」を力をぶつけ合うように熱唱した。

前半のトリとして登場したのはこちらもアニサマ初登場となるFLOW。アニソンのタイアップも多い彼らがまず歌ったのは『交響詩篇エウレカセブン』の主題歌でおなじみ「DAYS」。そして映画『ドラゴンボールZ 神と神』の主題歌である往年の名曲のアレンジ「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は素晴らしい疾走感。最後は彼らの代表曲ともいえる、アニメファンにもおなじみの『NARUTO -ナルト-』主題歌「GO!!!」。コール&レスポンスでは会場も大歓声。最高の締めくくりで初日の前半を終えた。





後半のスタートは、今年大旋風を巻き起こしたアニメ『ラブライブ!』からμ’sが登場。OPテーマ「僕らは今のなかで」では会場中が様々な色のサイリウムで満開となった。「START:DASH!!」でもアニメと変わらないダンスのフォーメーションを披露。

近年活躍が目覚ましいnano.RIPEは意外にもアニサマ初登場。「影踏み」ではステージが夕陽に染まったような美しい演出。そしてnano.RIPEらしい爽やかなナンバー、TVアニメ『人類は衰退しました』のOPテーマとしてもおなじみ「リアルワールド」を披露。ライブパフォーマンスが素晴らしいバンドという評価にたがわぬ爽やかなバンドサウンドを会場へ届けた。

藤田麻衣子もアニサマ初登場となる。『緋色の欠片』シリーズの主題歌で人気が爆発した彼女は、TVアニメ版の主題歌である「ねぇ」を歌唱。透明感のある伸びやかな歌声に観客は聴き惚れていた。

鈴木このみはTVアニメ『さくら荘のペットな彼女』EDテーマである「DAYS of DASH」を披露。思わずダッシュしたくなるほどテンションの上がるこの曲で会場を熱気の渦に巻き込む。そこからキバオブアキバとZAQも一緒になっての「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」のパフォーマンスでは、あの絶叫も披露。

もはやアニサマにはおなじみとなったミルキィホームズ。第3期のTVアニメ『ふたりはミルキィホームズ』のOPテーマ「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」を歌い、続いてはおなじみ「正解はひとつ!じゃない!!」。もはや会場も慣れた模様でコールもばっちり決まって大きな盛り上がりをみせた。

前年はステージを這いながら歌うという奇抜なパフォーマンスを見せたALI PROJECT。今回はなんとソファに横たわりながら登場。今年は『ローゼンメイデン』の久しぶりのアニメ化ということで、ALI PROJECTもローゼンメイデン祭りを敢行。記念すべき第1期の主題歌「禁じられた遊び」、第2期の主題歌「聖少女領域」、そして今期の主題歌である「私の薔薇を喰みなさい」を披露した。トークでは久しぶりにローゼンメイデンの主題歌を歌えた喜びと共に「ソファに寝たまま歌いたかったわ」と会場の笑いも誘っていた。

そろそろ終盤戦、登場したのはもはやアニサマには欠かすことのできない存在となったMay’n。「ViViD」「アオゾラ」ではダンサーも従えた貫禄のパフォーマンスを見せつけると、今年はマクロス30周年ということに触れ「大事な一曲です」と語った彼女の代表曲の一つ、TVアニメ『マクロスF』から「射手座☆午後九時Don’t be late」を披露。アニサマでは久しぶりとなるこの曲に観客も熱狂をもって応えた。

初日のトリは、昨年のアニサマでは初の大トリを務めた茅原実里。まだ記憶に新しい大ヒットTVアニメ『翠星のガルガンティア』OPテーマ「この世界は僕らを待っていた」、そして「CRADLE OVER」でいきなり会場のテンションをマックスまであげると、この秋から放送スタートのTVアニメ『境界の彼方』の主題歌「境界の彼方」をアニサマで初披露。最後は彼女の代表曲の一つになりつつあるTVアニメ『境界線上のホライゾン』の主題歌「TERMINATED」で盛大に締めくくった。

初の3DAYS開催ということで、初参加のアーティストも多かった印象のAnimelo Summer Live初日。2日目以降はどんな閃く旗を見せてくれるのか?





※2日目のレポートはこちら

※3日目のレポートはこちら


<セットリスト>
01. Celestial Diva / 茅原実里&宝野アリカ
02. ムーンライト伝説 / ももいろクローバーZ
03. サラバ、愛しき悲しみたちよ / ももいろクローバーZ
04. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 / ももいろクローバーZ
05. お願い!シンデレラ / アイドルマスターシンデレラガールズ
06. 輝く世界の魔法 / アイドルマスターシンデレラガールズ
07. Recall / Ray
08. 楽園PROJECT / Ray
09. DreamRiser / ChouCho
10. telepath~光の塔~ / 三澤紗千香
11. リンクス / 三澤紗千香
12. 激情論~MASANIANISAMA / ZAQ
13. Sparkling Daydream / ZAQ
14. ENERGY / earthmind
15. 空色デイズ / 中川翔子
16. ペガサス幻想 ver.Ω / 中川翔子&NoB
17. 轟轟戦隊ボウケンジャー / NoB
18. 豪食マイウェイ!!~ガツガツ!! / 串田アキラ
19. 宇宙刑事ギャバン / 串田アキラ
20. キン肉マンGo Fight! / 串田アキラ&ももいろクローバーZ
21. DAYS / FLOW
22. CHA-LA HEAD-CHA-LA / FLOW
23. GO!!! / FLOW
24. 僕らは今のなかで / μ’s
25. START:DASH!! / μ’s
26. 影踏み / nano.RIPE
27. リアルワールド / nano.RIPE
28. ねぇ / 藤田麻衣子
29. DAYS of DASH / 鈴木このみ
30. 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い / 鈴木このみ n’ キバオブアキバ feat. ZAQ
31. ぐろーりーぐろーいん☆DAYS / ミルキィホームズ
32. 正解はひとつ!じゃない!! / ミルキィホームズ
33. 禁じられた遊び / ALI PROJECT
34. 聖少女領域 / ALI PROJECT
35. 私の薔薇を喰みなさい / ALI PROJECT
36. ViViD / May’n
37. アオゾラ / May’n
38. 射手座☆午後九時Don’t be late / May’n
39. この世界は僕らを待っていた / 茅原実里
40. CRADLE OVER / 茅原実里
41. 境界の彼方 / 茅原実里
42. TERMINATED / 茅原実里
43. The Galaxy Express 999 / アニサマ2013出演アーティスト


Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-公式サイト:
http://anisama.tv/


©Animelo Summer Live 2013/MAGES.


   




2013年09月12日

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをChoixに追加

「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-」ライブレポート

毎年恒例、アニメロサマーライブ。今年は8月23日~25日の3日間さいたまスーパーアリーナにて開催!

吉岡亜衣加ニューシングル「夢待ちの季節」インタビュー

アプリ『薄桜鬼 懐古録』OP・EDテーマ収録! 吉岡亜衣加自身が新作の聴きどころをたっぷり語る!

春奈るな2ndシングル「Overfly」リリース記念インタビュー

TVアニメ『ソードアート・オンライン』のEDテーマとなっている「Overfly」をリリースした春奈るなが語る!

リリースカレンダーを見る
イベント情報を見る
ぺージのトップへ